保育理念  
  子ども一人ひとりの人格を尊重し、いのちといのちのふれあいの中で、
慈しみの心、いのちを大切にする保育にあたる。



 
保育方針  
  1   子どもの健康と安全を基本にして、保護者の自己実現を助け、ともに育てあいともに育ちあう。  
  2   基本的な生活習慣の態度を育成するとともに、豊かな人間性を持った、人とのかかわりが持てる子どもを育成する。
  3    豊かな情操を培う人的物的環境構成に心がけ、子どもたちが自発的意欲的に活動し、各々の育ちの時期にふさわしい体験が得られるようにする。
  4   常に家庭との連携を密にし、地域に開かれた保育園として育ちあう。

1
人の話を聞ける子ども
2
物事に集中できる子ども
3
何事もやる気を持って行動する子ども
4
人の痛みがわかり、いのちを大切にする子ども